« 「幽霊と化物づくり五十年」(「週刊事件実話」 昭和36年) | トップページ | 「宇宙人が地球を看視する」(「サンデー毎日」昭和34年) »

「江戸時代から円盤は飛んでいた」(「週刊読売」昭和39年)

 先の通し講談、快甫鼠責めに触れ、意外や貞水先生の口から「UFO」なる略称が幾度か発せられたのが印象に残りました。一世を風靡した空飛ぶ円盤も今は昔、暫らくは陰謀論と古代史に収斂され細々と命脈を保つかに見えましたが、片や真相隠蔽説は殆ど廃れ、肝腎の目撃談さへ稀になる有様。すっかり飽きられてしまったのでせう。……

 

下記に移しました。

https://note.com/boroneko

|

« 「幽霊と化物づくり五十年」(「週刊事件実話」 昭和36年) | トップページ | 「宇宙人が地球を看視する」(「サンデー毎日」昭和34年) »

古草紙昭和百怪」カテゴリの記事