« 「明治期怪異妖怪記事資料集成」補遺 追記 | トップページ | 「呪いの恐怖 田舎の怪談 都会の怪談」(「話のタネ本」 昭和40年) »

「新恐怖シリーズ 第1話 幽霊は赤い鼻緒の下駄をはいていた」(「週刊平凡」昭和41年)

Gedc0001_20190801001201

 改元よりこの方、顧みると既に、昭和四十年代前半の刊本まで「著作権保護期間」が終了。丁度頃合ひ、お化けを扱ふ雑誌切抜を大量に落掌したのも手伝ひ、新たに「古草紙昭和百怪(ふるさうしせうわのひゃっくゎい)」と題し、主に週刊誌掲載の記事紹介を試みたく。但し、執筆者や画家の「保護期間」が存続する場合も多いので御留意を。
 まづは今野円輔「日本怪談集 幽霊篇」でも巻中の白眉と見做せる有名奇譚を。「科学者西丸震哉氏の不思議な体験」と柱に大書した、「新恐怖シリーズ 第1話 幽霊は赤い鼻緒の下駄をはいていた」(「週刊平凡」昭和41年 さしえ三井永一 106~10頁)は、釜石での標題篇の他、人魂目撃を二例。なほ「…ひとりの女が投身自殺した。…発見されたとき、赤い鼻緒のゲタは、崖の上にきちんとそろえてあったという。」と本文にあるばかり、この惹句通りではないので念の為。言ふまでも無く、前年に上木を見た「未知への足入れ」(東京創元社)からの抄録と推測できますが、宣伝の恰好の機会だったにも拘らず、単行本への言及は皆無なのが不思議です。
 因みに家蔵の切抜には「1966年8月」と記入があるのみで、掲載号は不明。いづれも記事そのものは未見ながら、国会図書館「デヂタルコレクシヨン」で検索した所、「新恐怖シリーズ」二回から五回は判明しました。

8卷33号 新恐怖シリーズ(2) 銀座に誰もいなくなったとき
8卷34号 新恐怖シリーズ(3) 死んだ山男が呼んでいる
8卷35号 新恐怖シリーズ(4) あつ 自殺したアラさんが!!
8卷36号 新恐怖シリーズ(5) 暗い沖から遭難者の声が

 32号は同館欠本、遡って十冊程の目次を覗いても見当たらないので、連載第一回目掲載は同号と推定。頭に「新」と付くからには、先行する連載があったのかも気になる所です。

 

|

« 「明治期怪異妖怪記事資料集成」補遺 追記 | トップページ | 「呪いの恐怖 田舎の怪談 都会の怪談」(「話のタネ本」 昭和40年) »

古草紙昭和百怪」カテゴリの記事